• マスクをかける女性
  • せきを出る女性
  • マスクをかける女性
公開履歴
マスクをかける女性

花粉症のくしゃみや鼻水、目のかゆみの症状やアレルギーによるじんましんや皮膚炎などの症状があるときに、耳鼻科や皮膚科などでよく処方されるのがオロパタジン塩酸塩を配合しているアレロックです。
抗ヒスタミン薬と言う分類の医薬品で、オロパタジン塩酸塩が配合されています。
アレルギー症状全般に効果があり、花粉症だけでなくアレルギー性のじんましんや皮膚炎のかゆみを抑えることができます。
アレルギー症状が出ることがある人は、オロパタジン塩酸塩が配合されているアレロックでアレルギー症状に負けないようにしましょう。

オロパタジン塩酸塩の効果とは

耳鼻科や皮膚科で処方されるアレルギー薬に良く含まれているオロパタジン塩酸塩は、アレルギーの症状を抑える医薬品です。
アレルギーが発症するときにはヒスタミンという体内物質が関係しており、ヒスタミンの受容体をブロックし、働きを抑えることでアレルギー症状を緩和する効果があります。
花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎やダニやハウスダウトなどによるアレルギー性鼻炎、じんましんや湿疹などの皮膚のかゆみなどに効果があり、症状を軽減することができます。

花粉やハウスダストなどの刺激によってアレルギー反応が始まると、免疫にかかわる細胞からヒスタミンなどの化学伝達物質が放出されます。
ヒスタミンと神経受容体と結合することがきっかけになりくしゃみや鼻水、目や皮膚のかゆみなどの症状が誘発されます。
オロパタジン塩酸塩は、ヒスタミンが受容体と結びつくことを遮断することができるため、アレルギー症状を引き起こす信号がブロックされてアレルギー症状が軽減されるというわけです。

オロパタジン塩酸塩は、比較的即効性があり、服用後間もなく効果を実感でき、持続時間も比較的長いことが特徴です。
くしゃみや鼻水、じんましんへの有効性が高く効果を実感しやすい医薬品です。
鼻づまりにも良い効果が期待でき、アトピー性皮膚炎のかゆみの軽減効果もあります。
比較的副作用が少なく安全性が高い薬なので、子どもや高齢者でも使用することができます。
オロパタジン塩酸塩は、アレルギーそのものを治療する医薬品ではなく、アレルギー症状を軽減するための薬です。
アレルギーの原因になる物質を特定して対策することや疲労や睡眠不足がたまらないようにして体力の回復を心掛けることも大切です。

オロパタジンを服用するとどのような副作用が出る?

オロパタジン塩酸塩を含むアレロックは、抗アレルギー薬に分類される第2世代の抗ヒスタミン薬です。
アレルギー症状を引き起こす原因になるヒスタミンと受容体が結びつくことをブロックする働きがあり、ヒスタミン受容体を選択的にブロックする効果が高い医薬品ですが、第1世代と比べて口の渇きや排尿障害などの副作用がほとんどないことが特徴です。
また、抗ヒスタミン薬でよくある眠気の副作用も比較的少ないため、アレルギー性の症状に幅広く用いられるようになっています。

アレロックは、重い副作用がほとんど起こらないため、子供や高齢者でも服用することができますが、まれに肝臓の機能が低下し、だるさや食欲不振、吐き気や発熱などが出たり、発疹やかゆみ、皮膚や白目が黄色くなる黄疸の症状、尿の色が茶褐色になるなどの症状が出ることがあります。
比較的副作用が少ないのですが、眠気やだるさ、頭痛などが出たり、口の渇きや吐き気、腹痛や動悸がする場合があります。
重い副作用が出ることは少ないのですが、副作用が強い場合や続く場合には念のため病院を受診して医師の診察を受けるようにしましょう。

アレロックの副作用の中では、眠気が起こりやすい人が多いため、自動車の運転や機械の操作をする作業の前には服用することを避けたり、服用した場合には、自動車の運転をしないことや危険な機械の操作を止めましょう。
特に子供や高齢者が服用した場合には、眠気でふらつくことがあるので、転倒などに気を付けることも大切です。
副作用が強い場合には、薬の用量を減らすなどの対応をする場合があるので、医師に相談することがおすすめです。
アレロックには重い副作用はほとんどありませんが、眠気には注意するようにしましょう。

持病がある方は抗ヒスタミン薬を服用前に医師に確認

つらい鼻水や鼻づまり、目のかゆみや皮膚のかゆみなどがあるアレルギー症状を軽減する効果があるオロパタジン塩酸塩を含むアレロックは、アレルギー症状全般に効果が期待でき副作用が比較的少ない医薬品です。
即効性があるので、服用すると短時間で効果を実感できることや持続性にも優れていること、副作用が少ないことなどから、アレルギー症状を緩和する薬として病院でもよく処方されています。

抗ヒスタミン薬を服用する前に、持病がある方は医師に確認をすることが大切です。
前立腺肥大や緑内障の持病がある人は、抗ヒスタミン薬を基本的に使うことができません。
また、高齢者が飲む場合には、前立腺肥大や緑内障になっていても持病という自覚がないことがあり、抗ヒスタミン薬を飲むことで症状が悪化する場合があるので注意が必要です。

また、抗ヒスタミン薬は処方薬や市販薬の中で多くの薬の成分として使われています。
いつも飲んでいる薬に含まれていることを知らずに飲んでいるという人も多いので、服用前に医師に確認しましょう。
持病があって薬を飲んでいる人や風邪薬などを飲んでいる人の場合、知らないうちに抗ヒスタミン薬が重複してしまい、結果的に副作用が強く出てしまう場合があるので気を付けましょう。

病院に通っている人や処方薬を飲んでいる人、市販薬を飲んでいる人などが抗ヒスタミン薬を飲む場合には、自己判断をせずに事前に病院で医師に相談することが必要です。
医薬品には様々な成分が含まれており、自分で飲んでいる薬の成分を知っている人はほとんどいません。
飲み合わせを自己判断することはとても危険なので、必ず事前に医師に持病や飲んでいる薬、治療などについて伝えて確認をしましょう。

オロパタジン配合のアレルギー治療薬は通販で買える

アレルギー性鼻炎や花粉症、じんましんや皮膚炎などアレルギーによるつらい症状で悩んでいる人の中で持病がなく、普段薬を飲んでいない人におすすめなのが、オロパタジン配合のアレルギー治療薬です。
通常は病院に行って医師の診察を受け、処方箋を出してもらってはじめて薬局で薬を購入することができるのですが、オロパタジン配合のアレルギー治療薬は、通販で購入することができます。

花粉症など毎年同じ季節になると同じ症状が出る人や以前薬を処方してもらったことがある人なら、処方される薬と同じ成分で、飲み方も同じなので安心です。
病院に行って診察を受けたり、薬局で薬を出してもらったりする手間や時間を省いて、自宅で購入することができるというメリットがあります。
急にアレルギー症状が出た場合に備えて、常備薬として購入しておくことも可能なのでとても便利です。

通販で購入する場合には、ホームページからいつも使っているネット通販と同じように簡単に注文して購入できます。
日本語で書かれているページを見ながら選ぶことができ、まとめ買いをすることでお得になることもメリットのひとつです。
利用するページは、海外医薬品の個人輸入を代理してくれるサイトになりますが日本語で説明が書かれており、面倒な手続きやレートの計算などを代行するので、いつものネット通販と同じ注文の仕方をするだけになります。
簡単に注文ができて、自宅に届けてくれるので仕事が休めない人や家事や育児、介護などが忙しくて病院に行くのが大変な人などでも、手軽にオロパタジン配合のアレルギー治療薬を買うことができます。
つらいアレルギーの症状に悩まされることがある人には、通販での購入がおすすめです。